中野区の夜勤専従看護師



小中高と、同じ検診でも特徴があったり、大変な場面が違いますか?

検診にも色々な種類がありますが、私は学校検診をメインにして働いています。
検診の仕事というと、メンバーが固定される事がなく、常に違うスタッフと仕事をするのが一般的なんですが、
学校検診については、メンバーを固定化しています。
というのも、学校検診には、他の検診では行っていない、心電図や貧血の検査があるからなんです。
それに、子供相手なので向き不向きがあるので、決まったメンバーで行っているんです。

学校検診では、小学校、中学校、高校、それに養護学校を回っています。
検査の内容は、採血、心電図検査、貧血検査なんですが、小学校の低学年の子供達は、どの検査に対しても不安があります。
心電図検査などは、ほとんどの子供が初めての経験ですから、恐怖心で泣き出してしまう子供もいるんです。
緊張して身体に力は入ってしまうと、心電図ではなく、筋電図になってしまうので、リラックスさせるのが結構大変です。
中学高校になると、恐怖心を持つ子供はいないんですが、ちょっとした事で笑い出してしまう子供が多く、どちらにしても、
心電図を取る時には苦労します。

そして、採血をする時には、必ず正中からと決まっています。
これは、万が一の場合の、腕の神経の損傷を防ぐ為なんです。
大人の採血も同じ事が言えるんですが、血管の見えない子供は大変です。
運動をしていて筋肉質な子供も血管が見えにくいので、難儀します。
特に小さな子供達の場合は、体調不良になる事もあるので、異変がないか注意しながら、スムーズに仕事をこなすようにしています。
検診は、順番通りにスピーディーに仕事をこなさなくてはいけないんですが、学校検診の場合は、
一人一人の検診に時間がかかってしまう場合が多く、かなり緊張します。

2014年8月22日|

子供が喘息持ちで、フルで働くのが難しくて常勤から時短パートになりました。冬は風邪を引くたびに重症化してしまって、本当にかわいそうです。

子育てと看護師常勤の仕事を両立するのって難しいですよね。

うちは、子供が喘息持ちで常勤勤務で働くことが難しくなり、時短パートに転職したんです(;´Д`A

喘息があるため、うちの子供は風邪を引きやすく、風邪を引くと喘息発作を起こします。

喘息発作が起きると、夜中も一晩中咳き込んでいます。

喘息発作の咳き込みは本当に苦しそうですよね( ;´Д`)

夜中は特にひどくなりやすく、熱も上げて、苦しさで寝付けません。

苦しいから夜泣きもするし、看病をしながら一晩中寝ることも出来ません。

苦しそうな我が子をみるのは辛いですね>_<

代われることなら代わってあげたいって思います。

とくに冬など風邪と喘息で保育園はほとんど登園できません。

仕事を休まなくてはならないことも多くて、職場のスタッフには迷惑をかけてばかりでした(;´Д`A

師長は、子供のいない一晩中だから子育ての大変さがわからないんですよね。

子供の体調不良で、休み希望の電話などすると、とても嫌な声になります。

急な言われても困るから、もっと前持って言うように、いつも注意されるんです(・_・;

そんなことを言われても、子どもの体調が前持ってわかるなら、親も苦労しませんよね。

これだから子育ての経験のない上司は困ります。

それに、ママさんナースの少ない職場だから、子育てにも理解がなかったんです。

常勤ナースが一人欠員になると、業務が回らず大変なんですよね。

嫌味を言われることも多くて、辛かったですね( ;´Д`)

結局、常勤の看護師http://xn--cck3b5aza0wdb.jp.net/で働くことは諦め、短時間だけ働くことにしました。

今は短時間だけの仕事だから、だいぶ楽になりました。

子育てしながら、常勤の仕事を両立させるつもりでしたが、現実は厳しいですね(T ^ T)

2014年7月28日|

病院をホテルと勘違いしている患者さんとその家族。超高額な旅行と勘違いしているのか。過剰なサービスを求めてトラブルを起こす方がいます。

入院患者さんには、色んな人がいるなぁって思いますよね(´・Д・)」

中には、病院や看護師を何だと思っているのかしら...と思うような患者さんもいますね。

うちの病棟に何度も入退院を繰り返している患者さんの中に、病院をホテルと勘違いしているような人がいるんです(-。-;

病室には自分の私物を多量に持ち込んでいます。

ナースコールは、まるでお手伝いさんを呼ぶ「呼び鈴」のように鳴らし続けます。

しかも、売店にいって新聞を買ってこいとか、お茶を汲んでこいとか...散々こき使われます(-。-;

食事がマズイと散々文句をつけ、しまいには出前を頼んでいます。

食事も治療の一環なんですがね...(´・Д・)」

禁煙とドクターに言われているのに、ちょこちょこと外に行ってはタバコを吸っています。

しかも家族まで、勘違いしている様子です。

病室では家族の飲食はお断りしています。

それなのに、これまた出前やら弁当やら持ち込んで食べています(-。-;

飲食は面会室でお願いしますと言っているのに、まったく聞く耳を持ちません。

家族まで一緒になって、あれこれクレームはつけてくるし...。

部屋の湿度が低いから加湿器をつけろとか、部屋の掃除が雑だとか...。

部屋の雰囲気が暗いからなんとかしろとか...。

しまいには、病院側とトラブルになることもあります。

あまりに過剰な要求をつけすぎなんですよね。

色々とつけてくるクレームを聞いていると、まるでホテルと勘違いしているような気がします。

これが旅行ならずいぶん高額な旅行ですよね...(;´Д`A

病院は、あくまで病気を治すところです。

入院は決して旅行ではありません。

患者様優位な考え方もここまでくると考えなくてはなりませんね...(。-_-。)

2014年7月14日|

モンスターペイシャントについて。医療はタダで受けられるサービスではありません。患者さんはお客様ではありません。勘違いしている方が多すぎる!

モンスターペイシャントと呼ばれる患者さんや、患者家族は、年々増えていると思いませんか?

モンスターペイシェントとは、医療従事者や医療機関に対して、自己中心的で理不尽な要求を、暴力や暴言を繰り返し、クレームをつけてくる患者さんのことです(;´Д`A

このモンスターペイシェントは、医療の世界で患者さんに対して「患者様」という考え方に移行されてきたあたりから出てきました。

患者さんの中には、医療というものに対して、絶対的に治してもらえるものと考える人もいます。

過度な期待をして、期待通りの結果が出なかった時に、病院や医療従事者に対して、その不満をぶつけてくるモンスターペイシェントと呼ばれる患者さんが増えているんです(-。-;

モンスターペイシェントと呼ばれる患者さんは、非常識的な理屈を暴言で医療従事者を攻めてきます。

モンスターペイシェントの暴言や暴力により、鬱病を引き起こす看護師や医師まで出てきました。

それによって、働くことが出来なくなってしまった医療従事者もいます。

とくに、患者さんと一番接する機会の多い看護師は、ターゲットにされやすくなりなります。

女性の看護師は、そういった暴力や暴言に悩まされて退職するケースは後を立ちません>_<

そういった傾向を改善するため、「患者様」といった呼び方から、「患者さん」としたり、診察で呼ぶ時は、呼び出し番号で呼ぶなどの対応もとられています。

医療はタダで受けられるサービスではありません(´・Д・)」

医者は必ず病気を治せるわけでもありませんし、患者さんが思うような結果が必ずしも得られるわけではありません。

しかし、医療を勘違いしている患者さんが多いですよね。

こんな状態では医療の現場な崩壊してしまいます。

なんとかこんな状態を改善して欲しいですよね(T ^ T)

2014年7月14日|

患者さんや家族の看護師への要求って年々高まっている気がする・・・。クレームばかりの患者さんや家族の対応で、医療現場は崩壊に向かっているのですが・・・。

患者さんとの関わりは、看護師にとってやりがいや充実感につながることもありますよねo(^_^)o

しかし、最近はその患者さんや家族との関わりに悩まされることも多くなりました(;´Д`A

昔の病院は、ドクターやナースは患者さんよりも優位な位置にありましたよね。

今だに、年配のナースや昔ながらのドクターは、患者さんに対して偉そうな態度の人もいます。

しかし、最近は患者さんはお客様という考え方で、患者さんに対して低姿勢な対応をしています。

それは素晴らしいことだと思うのですが、患者さんが強くなりすぎているという印象ありませんか?(-。-;

患者さんや家族は、何か気に入らないことがあると、すぐにクレームをつけて着ます。

ドクターに対してはクレームなんてつけませんけどね...。
その分ナースへのクレームは凄いですね(;´Д`A

ナースの態度が悪いとか、ナースのコール対応が遅いとか、そんなことまで⁈ってことまでクレームをつけられるんです。

それに、患者さんは看護師のことをお手伝いさんか何かと勘違いしている節もありますよね。

患者さんや、家族からお手伝いさんのように扱われても、反論することはできません(T ^ T)

それをいいことに、さらに強気な患者さんやその家族...。

ナースは反論したくても、またクレームをつけられるかと思うと反論もできません。

そのためか、患者さんや家族からの要求は年々高くなっています。

ナースが言われるがままな事をいいことに、ナースに無理難題を押し付けてきます。

クレームばかりの患者さんや家族の対応で、医療現場は崩壊に向かっています。

サービスは大切ですが、これではより良い医療現場は遠のいていくばかりですね...( ;´Д`)

2014年7月14日|

検診センターでの1日の流れを教えて下さい。ズバリ!仕事は楽!??

私は、プライベートを重視したいという理由で、現在は検診センターで働いています。
定期的に決められた曜日に働くのではなく、自分の都合の良い時に働きたい、といった理由もあります。
検診には、検診車でいろいろな場所に移動して行う仕事と、検診センターの仕事とがあります。

どちらの仕事も、健康な方が対象です。
病院で働いている場合は、看護をする上で、患者さんの病状や経過などを理解しておく必要があります。
しかし、検診の仕事はそのような必要がありませんから、突発的に仕事に入っても、全く支障がありません。

検診の仕事は朝が早く、朝一から検診を受ける方が並んでいます。
待ち時間が長くなると、イライラされる事も時々あります。
それと、健康な方なので、採血が痛かったり失敗すると、怒られる事もあり、プレッシャーを感じる時もあります。
検診を受ける方には、仕事に行く前に来ている方も多く、スムーズに作業を進める事が大切になってきます。
看護師は、採血や血圧測定、問診が主な仕事です。視力や聴力、心電図などは、検査技師が行っているので、
仕事内容はとても楽です。

検診は、順番に流れ作業のように行われるので、朝一には混んでいたとしても、早く空いていきます。
午前の検診が終わると、12時から14時まで、2時間の昼休憩があります。
2時間ありますから、かなりゆっくり休む事ができます。
みんなで一斉に休憩に入るので、スタッフと一緒に昼食を食べに行く事が多いです。

午後の検診は、午前中のように混む事はなく、定時に終わる事ができます。
検診は、前もって人数が決められているので、混み合う事があったとしても、残業になってしまう事はないんです。
精神的にも体力的にも楽で、お勧めの仕事です。

2014年7月 8日|


ページランク表示 PageRankLink 自動相互リンク集GF ショッピングカート 童話