嘔吐下痢症の時の後始末・・・。感染しないための始末方法を教えて!小児科ではどんな工夫をしていましたか?

嘔吐下痢症の時の後始末・・・。感染しないための始末方法を教えて!小児科ではどんな工夫をしていましたか?

pixta_3627720_S.jpg
冬場になると、感染性胃腸炎が大流行=Σ(゚д゚lll)。・

病院や介護施設はピリピリしますね>_<

VIOの永久脱毛や院内や施設内蔓延は避けたいですもんね。

感染性胃腸炎は、有名なノロウイルスの他にもロタウイルスなど、沢山のウイルスがあります。

だから、しっかり感染対策することが大事ですね(´・Д・)」

子供は、嘔吐下痢症にかかりやすいですよね。

だから、冬の小児科はインフルエンザか嘔吐下痢症か...といった勢いで、院内は混み合っています( ;´Д`)

待合室で嘔吐や、下痢をする子供も沢山います。

その汚物や吐物から、さらに二次感染...なんてこともよくあります(・_・;

だから、吐物や汚物の処理は、適切にやらなくてはなりませんね。

この処理方法を気をつけるだけでも、かなり蔓延は防げますよ(-_^)

嘔吐下痢症の時は、まずノロウイルスを疑って処理することが大事ですね(´・Д・)」

ノロウイルスによる嘔吐下痢症が大流行するのは、ウイルスが非常に小さく、処理する際に飛散してしまうからなんです。

だから、片付ける時は、細心の注意が必要です(・Д・)

まず、ディスポのグローブ、エプロン、マスクは必須です。

吐物や汚物は、すぐに除去したい...でも、急いで除去すると危険です( ;´Д`)

まずは、次亜塩素酸をたっぷり含ませたペーパータオルなどを、上からそっとかぶせます。

汚物や吐物に、次亜塩素酸を十分に染み込ませ、ウイルスを死滅させます。

この作業を怠ると、処理する際に感染を拡げてしまうんです(´・Д・)」

時間を少しおき、次亜塩素酸を含んだペーパーで、そっと集めて、ビニール袋に入れて処分します。

袋を締める際も、そっと静かにやりましょう。

グローブ、エプロン、マスクの順に外し、それらも袋にそっといれ、きちんと縛って破棄します。

処理したあとは、しっかり手洗いとうがいします。

これがしっかりできると、だいぶ感染を縮小できますよ(^_・=匆・

2015年3月 5日|